バリトン歌手小玉晃 プロフィール

AKIRA KODAMA

小玉 晃

京都市立芸術大学大学院修了後、渡墺。
ヴィ-ン国立音楽大学リート・オラトリオ科卒業。

リートを モーア、ホッター、シュライヤー、アメリング、ヘフリガー、ベリー他に
発声を 宮廷歌手M.ニコロヴァ
バロック作品の歌唱法及び解釈をM.v.エグモントに学ぶ。

J.S.G.国際歌曲コンクール第1位。
青山音楽賞、松方ホール音楽賞大賞他多数受賞。

ベートーヴェン『第九』、バッハ『マタイ受難曲』、『ヨハネ受難曲』、ヘンデル『メサイア』、モーツアルト、ブラームス、フォーレの『レクイエム』他、ソリストを数多く務める他、カンタータやオラトリオは自らオーケストラを指揮しながらソロを歌うなど演奏の幅を広げている。

京都混声、兵庫県立芸術文化センター合唱団、一万人の第九、
パナソニック合唱団 他合唱指導。

大阪音楽大学、同志社女子大学講師。

関西二期会会員。日本シューベルト協会会員。
日本ドイツリート協会副会長。
小玉晃の音楽学校主宰。

小玉晃(こだまあきら)

《うたの絵本》発売記念リサイタルシリーズが終わりました。

長年心の中で温めていた絵本の様なCDを作ること、そして京都文化博物館別館という歴史的建造物をお借りして、映像と音楽の融合した演奏会をすることが実現しました。
これらは日本画家若林静香さんとの出会いが無ければ実現していなかったでしょう。
今日の演奏会で若林さんの絵に惹かれた方はどうぞ個展に足をお運び下さい。

京都の演奏会は大阪とは全く趣きが異なるものとなりました。丸山耕路さんの素晴らしいピアノもこの会場でまた違ったものとなり、私も丸山さんと、会場の皆さんと、そしてこの趣きある空間と対話を楽しめた様に思います。
次のリサイタルの構想も今日固まりました。どうぞお楽しみに♪

ご来場下さいました皆さま、そしてお力添え下さいました方々に心から感謝しております。
次回はまた進化した演奏を聴いて頂ける様、精進致します。

2019年5月16日 小玉晃
Discography
Dichterliebe

心の奥で独り占めしたくなる音の詩集。待望のセカンドアルバム。

Concert
演奏会案内

バリトン歌手小玉晃がうたう演奏会、 小玉晃が指導する合唱団の演奏会のご案内